10月≪ 2017年11月 ≫12月
123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

「だいじょうぶだいじょうぶ」



テーマ : オススメ☆絵本&児童書 ジャンル: 育児


ワタシが生まれた時にはすでにふたりの祖父はいなかった。

祖母のひとりももういなく、もうひとりの祖母は遠方に住んでいて
会った記憶はほとんどない。想い出すのは写真の中のおばあちゃん。

小さい頃自分におじいちゃんおばあちゃんがいなくても、
さみしくなんかなかったし、うらやましいって思ったこともない。

そうゆうことを想像したこともなかった。

大人になってから友人の結婚式でおじいちゃん達が民謡をうたったり、
踊りをおどっているのをみて、初めて「いいな~」って思った。

だからyoshiさんの両親と一緒に住むことになったとき
shiiにはとてもよいことなんだろうナって思った。

shiiが描く家族にはワタシやyoshiさんの他に
下のじいやん、下のばあやんが必ず入っている。

いつも下のばあやんとふたりでお買い物に行ってるし、
大きくなったら下のじいやんのお仕事を手伝うんだって。

むこうのじいやんはとてもやさしく遊んでくれて、
むこうのばあやんは絵本をたくさん買ってくれるんだって。

shiiにもいつかこの絵本のようにこうゆう日がくるのだろうか。

「だいじょうぶ、だいじょうぶ」





カテゴリ : 【絵本
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (24) 【コメントする
| top↑
もうひとりのじいじ・ばあば From:りえっぺ。

こんばんにゃ。オアノアンさんとこはyoshiさんのご両親と一緒に住んでいるんだっけね、随分前に聞いた事あるわ。shiiちゃんにとってはとても良い環境だと思います。
うちの王子達にははっきりとわかる「じいじ・ばあば」はうちの両親。旦那の方の両親には上の王子は2回位しか会ってないから多分誰だかわかってない。下の王子に関しては全く会った事がないからこれまた知らない人・・・。あまり良くない環境に王子達はいるので申し訳ない気持ち。でも、大人の事情なの。ってわかってくんないか。私も実家ではおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に住んでたんだ、二人からは教わった事も沢山あったよー。
きっとshiiちゃんも沢山教えてもらえる事があるね。大きくなってから「あー、そういえばこんな事言ってたわ。」なんてなー。

こんばんは^^ From:みかっち。(^-^)ノ

オアノアンさんのお宅は、yoshiさんのご両親と同居されているのですね。
おじいちゃん、おばあちゃんの存在って、子供にとっても宝だと思います。
学ぶ事も多いのではないでしょうか?。

うちは、どちらの両親とも同居ではないので、定期的に会うようにしています。
自宅からは私の実家が近いので、勇人(息子)も私の両親寄りになりかけてしまって、
それではいけないと、主人の実家に月1回泊まりに行くようにしています。
勇人は、どちらのおじいちゃん、おばあちゃんも大好きですよ。

そっか~ From:ミモザ

オアノアンさんも同居してるのね^^ 私もよ~
shiiちゃんはとっても良い環境で育ってるのは幸せだよね。
家はお姑さんの気が向いたときしか、かまってもらえないから可哀相で。。。
でも仲良くしてるし、お年寄りを大事にする事を知らず知らずの内に学んでるのはいい事だと思ってます。


そうだね。 From:めい

じーばーと親しきも、良いこともあり、悪いこともあり・・・。
って、悪いことってのは多分、ほとんど大人の事情で、
子供には関係ないけどね。

いろいろあります、いろいろ、ねi-229

でも子供たちには『世の中いろいろな人がいるのよ』ってことが
わかっていいかな、な~んて思ったりしている、今日この頃。

でも『大人の事情』も大変ですぅ・・・e-263


うちもだ。 From:lucy

何気にうちも小さいころは、おばあちゃんと一緒だったよ。
同居というか、うちは介護が必要だったから一緒に住んでいたんだけどね。

子供のころから、家族みんなでお世話していたから
いろいろ子供心に嫌なこともあったな。
でも、今はいい思い出。
というか、いろいろ学んだことのほうが多いかもな。

パパ、ママとはちがうんだよね。やっぱ、年の功?

偶然 From:まつりか

じつは今日この本を購入したんですよ。
前から気になっていて・・感動の一冊になりました。
うちは主人もわたしも実家が遠くて年に1,2度しか会えないですね。
ご主人の両親との生活、ご苦労もあるかもしれないけれど、子どもにはいい環境ですよ。人を思いやる、年配の方を敬う、そういうのが自然に覚えられるんですから。

NO SUBJECT From:うっちゃん

こんにちは。

私も生まれたときには二人のおじいさんは他界していませんでした。
祖母は二人ともいましたが、遠方であまり会うことはなかったです。
会えなくてさみしいなんて思ったことはなかったです。
あえなくてもいつでも会えるって思うだけで心強かったから。
だから、祖父母のいる環境の良さなんて知らずに育ちました。

でも、今自分が親になってみて祖父母(曾祖母もいます)が子どもをかわいがってくれる事に感謝しています。
子どもが(もちろん親の愛情が一番ですが)いろんな人に愛されて大事にされて育つ事がどんなにいいことか。

同居ではありませんが、3分以内のところにすんでいて、
仕事をしている私は毎日預かってもらってます。
正直助かってます。

NO SUBJECT From:akokichi

うちは両親共働きだったからワタシはおばあちゃん子で、今もよく話したり料理について聞くのは母より祖母の方i-179
うちの母はツインズに『おばあちゃん』と呼ばせていませんi-229
産まれたとき『43歳でおばあちゃんって呼ばれるのはイヤi-240』って“ゆー(ワタシの妹)のママ”と呼ばせ、祖父は“しゃちょー”と呼ばせておりますi-202
きっと50になっても60になってもおばあちゃんとは呼ばせないんだろうなーi-6
イメージ狂うなぁ。。。

いいことだと思いますよ。 From:京女。

私もね、小さい頃は老人とは無縁でした。
が、娘や息子は私の実母の介護のために半同居のスタイルをとってます。
娘や息子にとってはじいじやばあばはもう家族なんですよ。
私にとっては祖母や祖父はお客さんでした。
だから祖母や祖父がなくなったときは、特に「悲しい」という感情があまり湧かなかったんです。

でも、娘や息子はばあばが入院すると泣くし、じいじのことをとても慕っています。たぶん、ふたりが亡くなったら、ものすごいショックを受けると思います。

祖父や祖母と一緒に暮らすというのは、不便なこと、嫌なことも多いけど、たくさんの家族をもち、優しさや思いやりを学ぶいいことだと思います。

そして、人は誰でも年をとり、体が弱くなるということを自然と理解できるようになるのでしょうね。

いいことだと思いますよ。オアノアンさんにとってもshiiちゃんにとっても。

りえっぺ。ちゃんへ From:-

そうそう二世帯型の同居(←同居っていうのかな?)
内線がつながってるくらいだけどね。

大人の事情ね。しかたないこともあるよ。

うちだって大人の事情で「今日は遊びにいきませんっ」って
shiiにいうことあるし。
ま、そーゆーときはyoshiさんとケンカしてることが多いんだけど(^^;)

りえっぺ。ちゃんはおじいちゃん、おばあちゃんと暮らしていたんだァ。
いつもやさしいオーラのりえっぺ。ちゃんは
きっと小さいころから愛情たっぷりで育てられたからなんだね~

shiiもたくさんいろんなこと教えてもらって成長していってくれたらいいなー





みかっち。(^-^)ノさんへ From:-

そうなんですよー。
全部別々の形のスタイルなので“同居”って
定義にはあてはならないのかな。

<おじいちゃん、おばあちゃんの存在って、
子供にとっても宝だと思います。

↑そう思います(^^)

自分たちだけの子育てでは経験もなく
想像もできないことが多いけど、
アドバイスもくれたり、相談にものってくれるし、
それになによりshiiのことをかわいがってくれてる。
すごく身近にいることのよさって実感してマス


ミモザさんへ From:-

ミモザさんもそうだったんだァ。

この環境はシアワセなことなんだなーって思います。

<お年寄りを大事にする事を知らず知らずの内に学んでるのはいい事だと思ってます。

↑そうですねー。
まいにちの生活でそれを感じて過ごしていけること。
それはよかったことだと思ってマス

めいちゃんへ From:-

そうそう(^^;)

悪いことって大人の事情が絡んでるんだよね~~。
どうしようもないこともあるよ。

めいちゃんいろいろあるのね。いろいろ、と(^^;)

そーゆー環境や生活の中で
子供たちっていろんなことを感じ取るから
いいんぢゃないかな?

きっと子供たちにも「子供の事情」があったりして~(^^)


lucyへ From:-

lucyも一緒だったんだァ。知らなかった。
トムとは一緒に暮らしてたっていうのは憶えているけど。

lucyがずっと働いていたお仕事も偶然なのか(?)
おばあちゃんたちに接する機会が多いよね。

小さいころからの経験からきているんだろうか?

shiiもlucyのよーに、いつか良かった思い出として
ココロに残ってくれたらうれしいかな~

まつりかさんへ From:-

偶然~!
ワタシもこの日に買ったんですよー。
その日はshiiの幼稚園で
「大人と子供のための読みきかせの会」っていうのがあって、
女優の中井貴恵さんが活動されていて。
園で読んでもらった本はこれとは違うんですけどね。

「だいじょうぶだいじょうぶ」はずっとほしかった絵本で
その日販売していたので、まよわず買ってしまいましたー。

ワタシも感動の一冊になりました。
なんども泣いてしまって。

かなしい絵本はスキぢゃないんだけどね。
両親を想い、shiiの将来の姿と重なってしまいました。

一緒に住むのはいろいろな問題がでてくるし、
正直チョット過ごしずらい面もあります。

だけどそれに勝るものがたくさんたくさんあって。
この選択はよかったことって最近改めて実感しました





うっちゃんさんへ From:-

そうね、ワタシも自分が親になってみていろんなことがわかりました。
自分の育った環境が恵まれていなかったとは決して思わないけど、
今shiiがいる環境はとても恵まれているんだなーって思ってます。

<いろんな人に愛されて大事にされて育つ事がどんなにいいことか。

↑ココロからそう思います(^^)
だからたくさん愛されてるんだって実感できる今の環境に感謝しなくちゃなーって。

うちも助かってることが多いかな。

akokichiちゃんへ From:-

ツインズちゃんたちのおばあちゃん(って呼ばせてないんだっけ)って
めっちゃ若くないか????

そりゃーおばあちゃんって年齢ぢゃないよね。

shiiはたまに祖父母のことを、
名前で○○ちゃん、と○○くんって呼んでいて
本人たちはうれしそーにしてるヨ(^^)



こまちちゃんへ From:-

なんかね、こまちちゃんのすっごくやさしーこととか、
ワタシの思うこまちちゃん像でいつもほんわか感じは、
そーゆー環境で育ったからなんだなーって知ることができて
とってもうれしかったよ。

そうね、いろいろあるけど、それよりもshiiがいろんなコトに触れたり、
感じたり、思ったりできるのならそれは何にも変えられないことだと思いマス(^^)

だいじょうぶだいじょうぶ(^^)


こまちちゃんへ From:-

きゃ~~~ごめんねーーー!

なんかこまちちゃんのステキなステキなコメントが
消えてるu~~~~。

ほんとごめんねっ!

あぁぁぁぁぁ、こまちちゃん。

こまちちゃんのやさしいコメントはワタシのココロの中に
大切に留めておきます。



京女。 さんへ From:-

なんかココロにグっとくるものがありました。

ちょうど今日、下のばあやんが2泊で旅行に行ってて。
さっきshiiに今日会いたかったのにって泣かれました。
たった2日だけなのに。

だから病気になったり、もしいなくなってしまったり、
そんなこと想像しちゃったら、、、、、、
たぶんとても耐えられないことなんだと思います。

自然と何かを感じて、思って、、、、
shiiやワタシにもとてもよいことなんだなーってね。

改めて実感した日デシタ



だいじょうぶだいじょうぶ From:はらぺーにょ

こなばんは^^
この絵本、”だいじょうぶ”を2回繰り返すところがいいですね。
以前、絵本ブロガーの方がこの絵本を紹介されていて、
読んでみたいなと思い、図書館で借りて読み、とても感動
しました。
もうすぐ、DVDが発売されるのご存知ですか?
どんな感じなんでしょう?DVDも観てみたいなと思ってます。

おじいちゃん、おばあちゃんがそばにいるというのは、とてもいい
ことですね!!
shiiちゃんにとって、とても幸せなことだと思います。
うちの場合はね、娘がお腹にいる時、なんと私の母が亡くなってしまったんですよ。
悲しかったけれど、今は”だいじょうぶだいじょうぶ”
じいじとは先日久しぶりに会って、一緒に1泊旅行に行って来ました。
主人の両親は九州にいるので、1~2年に1度くらいしか、じいじ&ばあばに
会えないけれど、今年の夏は会いに行く予定なので楽しみなんです。
じいじ、ばあばの存在はありがたいですね。

はらぺーにょさんへ From:-

DVDアマゾンで売ってるよーな、、、
検索したらそんなののってたような、、、
あまりよく確かめてないんですけどね。

どんな風に変わるんでしょうかねー?
観たらまた泣いちゃいそう。

昨日もshiiに読み聞かせしたら
泣けてきちゃって、、、、yoshiさんに笑われた(^^;)

はらぺーにょさんのお母様は亡くなられてしまったんですね。。。
じいじさんとの旅行ってステキですね~。

<じいじ、ばあばの存在はありがたいですね。

↑ほんとそう思います。
できるだけながく“だいじょうぶだいじょうぶ”でいてほしいナ


おまじない From:フラニー

この絵本のだいじょうぶ だいじょうぶという言葉が、いつ聞いても、おまじないのように聞こえてきていいですよね。
まるで、わたし自身が、だいじょうぶだよ~って言われているみたいで。
小さな子どもが、言われた言葉を、いつしか言ってあげる立場にかわるところも、時間と成長を感じて、好きなところです!
同居は、難しいことも多いでしょうけど、shiちゃんは、身近に接する人が多くて、楽しいですね~♪
そのうち、母の都合も見通して、だいじょうぶ!と言ってくれるようになるんでしょうね。

フラニーさんへ From:-

おまじないっていいよね。
いたいのいたいのどんでいけ~みたいな。

「だいじょうぶだいじょうぶ」もそんなおまじないなのかも。

この絵本なんだかせつなくって。
スキなんだけどスキじゃない絵本だなって感じています。
これ読むと泣いちゃうんだなー、ワタシ。

shiiはどんなふうに成長してくれるのか楽しみで、
この環境がとてもよい方向になってくれればいいなーと願うばかりデス。


<<レッツlaクッキング! | ホーム | 萎え~>>
もうひとりのじいじ・ばあば
こんばんにゃ。オアノアンさんとこはyoshiさんのご両親と一緒に住んでいるんだっけね、随分前に聞いた事あるわ。shiiちゃんにとってはとても良い環境だと思います。
うちの王子達にははっきりとわかる「じいじ・ばあば」はうちの両親。旦那の方の両親には上の王子は2回位しか会ってないから多分誰だかわかってない。下の王子に関しては全く会った事がないからこれまた知らない人・・・。あまり良くない環境に王子達はいるので申し訳ない気持ち。でも、大人の事情なの。ってわかってくんないか。私も実家ではおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に住んでたんだ、二人からは教わった事も沢山あったよー。
きっとshiiちゃんも沢山教えてもらえる事があるね。大きくなってから「あー、そういえばこんな事言ってたわ。」なんてなー。
【2006/06/12 19:43】URL | りえっぺ。 #-[ 編集]
こんばんは^^
オアノアンさんのお宅は、yoshiさんのご両親と同居されているのですね。
おじいちゃん、おばあちゃんの存在って、子供にとっても宝だと思います。
学ぶ事も多いのではないでしょうか?。

うちは、どちらの両親とも同居ではないので、定期的に会うようにしています。
自宅からは私の実家が近いので、勇人(息子)も私の両親寄りになりかけてしまって、
それではいけないと、主人の実家に月1回泊まりに行くようにしています。
勇人は、どちらのおじいちゃん、おばあちゃんも大好きですよ。
【2006/06/12 22:01】URL | みかっち。(^-^)ノ #.sCc0lBM[ 編集]
そっか~
オアノアンさんも同居してるのね^^ 私もよ~
shiiちゃんはとっても良い環境で育ってるのは幸せだよね。
家はお姑さんの気が向いたときしか、かまってもらえないから可哀相で。。。
でも仲良くしてるし、お年寄りを大事にする事を知らず知らずの内に学んでるのはいい事だと思ってます。
【2006/06/12 22:19】URL | ミモザ #-[ 編集]
そうだね。
じーばーと親しきも、良いこともあり、悪いこともあり・・・。
って、悪いことってのは多分、ほとんど大人の事情で、
子供には関係ないけどね。

いろいろあります、いろいろ、ねi-229

でも子供たちには『世の中いろいろな人がいるのよ』ってことが
わかっていいかな、な~んて思ったりしている、今日この頃。

でも『大人の事情』も大変ですぅ・・・e-263
【2006/06/12 22:44】URL | めい #-[ 編集]
うちもだ。
何気にうちも小さいころは、おばあちゃんと一緒だったよ。
同居というか、うちは介護が必要だったから一緒に住んでいたんだけどね。

子供のころから、家族みんなでお世話していたから
いろいろ子供心に嫌なこともあったな。
でも、今はいい思い出。
というか、いろいろ学んだことのほうが多いかもな。

パパ、ママとはちがうんだよね。やっぱ、年の功?
【2006/06/13 00:50】URL | lucy #-[ 編集]
偶然
じつは今日この本を購入したんですよ。
前から気になっていて・・感動の一冊になりました。
うちは主人もわたしも実家が遠くて年に1,2度しか会えないですね。
ご主人の両親との生活、ご苦労もあるかもしれないけれど、子どもにはいい環境ですよ。人を思いやる、年配の方を敬う、そういうのが自然に覚えられるんですから。
【2006/06/13 03:44】URL | まつりか #-[ 編集]
NO SUBJECT
こんにちは。

私も生まれたときには二人のおじいさんは他界していませんでした。
祖母は二人ともいましたが、遠方であまり会うことはなかったです。
会えなくてさみしいなんて思ったことはなかったです。
あえなくてもいつでも会えるって思うだけで心強かったから。
だから、祖父母のいる環境の良さなんて知らずに育ちました。

でも、今自分が親になってみて祖父母(曾祖母もいます)が子どもをかわいがってくれる事に感謝しています。
子どもが(もちろん親の愛情が一番ですが)いろんな人に愛されて大事にされて育つ事がどんなにいいことか。

同居ではありませんが、3分以内のところにすんでいて、
仕事をしている私は毎日預かってもらってます。
正直助かってます。
【2006/06/13 10:40】URL | うっちゃん #-[ 編集]
NO SUBJECT
うちは両親共働きだったからワタシはおばあちゃん子で、今もよく話したり料理について聞くのは母より祖母の方i-179
うちの母はツインズに『おばあちゃん』と呼ばせていませんi-229
産まれたとき『43歳でおばあちゃんって呼ばれるのはイヤi-240』って“ゆー(ワタシの妹)のママ”と呼ばせ、祖父は“しゃちょー”と呼ばせておりますi-202
きっと50になっても60になってもおばあちゃんとは呼ばせないんだろうなーi-6
イメージ狂うなぁ。。。
【2006/06/13 15:09】URL | akokichi #./qA1Ad6[ 編集]
いいことだと思いますよ。
私もね、小さい頃は老人とは無縁でした。
が、娘や息子は私の実母の介護のために半同居のスタイルをとってます。
娘や息子にとってはじいじやばあばはもう家族なんですよ。
私にとっては祖母や祖父はお客さんでした。
だから祖母や祖父がなくなったときは、特に「悲しい」という感情があまり湧かなかったんです。

でも、娘や息子はばあばが入院すると泣くし、じいじのことをとても慕っています。たぶん、ふたりが亡くなったら、ものすごいショックを受けると思います。

祖父や祖母と一緒に暮らすというのは、不便なこと、嫌なことも多いけど、たくさんの家族をもち、優しさや思いやりを学ぶいいことだと思います。

そして、人は誰でも年をとり、体が弱くなるということを自然と理解できるようになるのでしょうね。

いいことだと思いますよ。オアノアンさんにとってもshiiちゃんにとっても。
【2006/06/14 06:03】URL | 京女。 #-[ 編集]
りえっぺ。ちゃんへ
そうそう二世帯型の同居(←同居っていうのかな?)
内線がつながってるくらいだけどね。

大人の事情ね。しかたないこともあるよ。

うちだって大人の事情で「今日は遊びにいきませんっ」って
shiiにいうことあるし。
ま、そーゆーときはyoshiさんとケンカしてることが多いんだけど(^^;)

りえっぺ。ちゃんはおじいちゃん、おばあちゃんと暮らしていたんだァ。
いつもやさしいオーラのりえっぺ。ちゃんは
きっと小さいころから愛情たっぷりで育てられたからなんだね~

shiiもたくさんいろんなこと教えてもらって成長していってくれたらいいなー



【2006/06/14 08:01】URL | #-[ 編集]
みかっち。(^-^)ノさんへ
そうなんですよー。
全部別々の形のスタイルなので“同居”って
定義にはあてはならないのかな。

<おじいちゃん、おばあちゃんの存在って、
子供にとっても宝だと思います。

↑そう思います(^^)

自分たちだけの子育てでは経験もなく
想像もできないことが多いけど、
アドバイスもくれたり、相談にものってくれるし、
それになによりshiiのことをかわいがってくれてる。
すごく身近にいることのよさって実感してマス
【2006/06/14 08:10】URL | #-[ 編集]
ミモザさんへ
ミモザさんもそうだったんだァ。

この環境はシアワセなことなんだなーって思います。

<お年寄りを大事にする事を知らず知らずの内に学んでるのはいい事だと思ってます。

↑そうですねー。
まいにちの生活でそれを感じて過ごしていけること。
それはよかったことだと思ってマス
【2006/06/14 08:13】URL | #-[ 編集]
めいちゃんへ
そうそう(^^;)

悪いことって大人の事情が絡んでるんだよね~~。
どうしようもないこともあるよ。

めいちゃんいろいろあるのね。いろいろ、と(^^;)

そーゆー環境や生活の中で
子供たちっていろんなことを感じ取るから
いいんぢゃないかな?

きっと子供たちにも「子供の事情」があったりして~(^^)
【2006/06/14 08:18】URL | #-[ 編集]
lucyへ
lucyも一緒だったんだァ。知らなかった。
トムとは一緒に暮らしてたっていうのは憶えているけど。

lucyがずっと働いていたお仕事も偶然なのか(?)
おばあちゃんたちに接する機会が多いよね。

小さいころからの経験からきているんだろうか?

shiiもlucyのよーに、いつか良かった思い出として
ココロに残ってくれたらうれしいかな~
【2006/06/14 08:23】URL | #-[ 編集]
まつりかさんへ
偶然~!
ワタシもこの日に買ったんですよー。
その日はshiiの幼稚園で
「大人と子供のための読みきかせの会」っていうのがあって、
女優の中井貴恵さんが活動されていて。
園で読んでもらった本はこれとは違うんですけどね。

「だいじょうぶだいじょうぶ」はずっとほしかった絵本で
その日販売していたので、まよわず買ってしまいましたー。

ワタシも感動の一冊になりました。
なんども泣いてしまって。

かなしい絵本はスキぢゃないんだけどね。
両親を想い、shiiの将来の姿と重なってしまいました。

一緒に住むのはいろいろな問題がでてくるし、
正直チョット過ごしずらい面もあります。

だけどそれに勝るものがたくさんたくさんあって。
この選択はよかったことって最近改めて実感しました



【2006/06/14 12:26】URL | #-[ 編集]
うっちゃんさんへ
そうね、ワタシも自分が親になってみていろんなことがわかりました。
自分の育った環境が恵まれていなかったとは決して思わないけど、
今shiiがいる環境はとても恵まれているんだなーって思ってます。

<いろんな人に愛されて大事にされて育つ事がどんなにいいことか。

↑ココロからそう思います(^^)
だからたくさん愛されてるんだって実感できる今の環境に感謝しなくちゃなーって。

うちも助かってることが多いかな。
【2006/06/15 19:28】URL | #-[ 編集]
akokichiちゃんへ
ツインズちゃんたちのおばあちゃん(って呼ばせてないんだっけ)って
めっちゃ若くないか????

そりゃーおばあちゃんって年齢ぢゃないよね。

shiiはたまに祖父母のことを、
名前で○○ちゃん、と○○くんって呼んでいて
本人たちはうれしそーにしてるヨ(^^)

【2006/06/15 19:31】URL | #-[ 編集]
こまちちゃんへ
なんかね、こまちちゃんのすっごくやさしーこととか、
ワタシの思うこまちちゃん像でいつもほんわか感じは、
そーゆー環境で育ったからなんだなーって知ることができて
とってもうれしかったよ。

そうね、いろいろあるけど、それよりもshiiがいろんなコトに触れたり、
感じたり、思ったりできるのならそれは何にも変えられないことだと思いマス(^^)

だいじょうぶだいじょうぶ(^^)
【2006/06/15 21:00】URL | #-[ 編集]
こまちちゃんへ
きゃ~~~ごめんねーーー!

なんかこまちちゃんのステキなステキなコメントが
消えてるu~~~~。

ほんとごめんねっ!

あぁぁぁぁぁ、こまちちゃん。

こまちちゃんのやさしいコメントはワタシのココロの中に
大切に留めておきます。

【2006/06/15 21:07】URL | #-[ 編集]
京女。 さんへ
なんかココロにグっとくるものがありました。

ちょうど今日、下のばあやんが2泊で旅行に行ってて。
さっきshiiに今日会いたかったのにって泣かれました。
たった2日だけなのに。

だから病気になったり、もしいなくなってしまったり、
そんなこと想像しちゃったら、、、、、、
たぶんとても耐えられないことなんだと思います。

自然と何かを感じて、思って、、、、
shiiやワタシにもとてもよいことなんだなーってね。

改めて実感した日デシタ

【2006/06/15 21:55】URL | #-[ 編集]
だいじょうぶだいじょうぶ
こなばんは^^
この絵本、”だいじょうぶ”を2回繰り返すところがいいですね。
以前、絵本ブロガーの方がこの絵本を紹介されていて、
読んでみたいなと思い、図書館で借りて読み、とても感動
しました。
もうすぐ、DVDが発売されるのご存知ですか?
どんな感じなんでしょう?DVDも観てみたいなと思ってます。

おじいちゃん、おばあちゃんがそばにいるというのは、とてもいい
ことですね!!
shiiちゃんにとって、とても幸せなことだと思います。
うちの場合はね、娘がお腹にいる時、なんと私の母が亡くなってしまったんですよ。
悲しかったけれど、今は”だいじょうぶだいじょうぶ”
じいじとは先日久しぶりに会って、一緒に1泊旅行に行って来ました。
主人の両親は九州にいるので、1~2年に1度くらいしか、じいじ&ばあばに
会えないけれど、今年の夏は会いに行く予定なので楽しみなんです。
じいじ、ばあばの存在はありがたいですね。
【2006/06/16 00:03】URL | はらぺーにょ #-[ 編集]
はらぺーにょさんへ
DVDアマゾンで売ってるよーな、、、
検索したらそんなののってたような、、、
あまりよく確かめてないんですけどね。

どんな風に変わるんでしょうかねー?
観たらまた泣いちゃいそう。

昨日もshiiに読み聞かせしたら
泣けてきちゃって、、、、yoshiさんに笑われた(^^;)

はらぺーにょさんのお母様は亡くなられてしまったんですね。。。
じいじさんとの旅行ってステキですね~。

<じいじ、ばあばの存在はありがたいですね。

↑ほんとそう思います。
できるだけながく“だいじょうぶだいじょうぶ”でいてほしいナ
【2006/06/16 06:33】URL | #-[ 編集]
おまじない
この絵本のだいじょうぶ だいじょうぶという言葉が、いつ聞いても、おまじないのように聞こえてきていいですよね。
まるで、わたし自身が、だいじょうぶだよ~って言われているみたいで。
小さな子どもが、言われた言葉を、いつしか言ってあげる立場にかわるところも、時間と成長を感じて、好きなところです!
同居は、難しいことも多いでしょうけど、shiちゃんは、身近に接する人が多くて、楽しいですね~♪
そのうち、母の都合も見通して、だいじょうぶ!と言ってくれるようになるんでしょうね。
【2006/06/16 22:46】URL | フラニー #-[ 編集]
フラニーさんへ
おまじないっていいよね。
いたいのいたいのどんでいけ~みたいな。

「だいじょうぶだいじょうぶ」もそんなおまじないなのかも。

この絵本なんだかせつなくって。
スキなんだけどスキじゃない絵本だなって感じています。
これ読むと泣いちゃうんだなー、ワタシ。

shiiはどんなふうに成長してくれるのか楽しみで、
この環境がとてもよい方向になってくれればいいなーと願うばかりデス。
【2006/06/17 18:49】URL | #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://oanoan.blog61.fc2.com/tb.php/57-77bae7bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

オアノアン

Author:オアノアン
shii(10歳女の子)と
mii(4歳女の子)と
yoshiさんの4人家族

のんび~り子育て中。

絵本集めは卒業。
雑貨集めは停滞中。
ハンドメイドもぼちぼちっとな。

年数回の更新を目指します!

shiiの雑貨



机と本棚にいるよ~

オアノアンの雑貨


リビングにいるよ

オススメの雑貨
↑チェック柄は生産中止だって~



ドット柄もかわいいね!ほし~

とくべつな一冊
「世界でたったひとつの絵本」誰もが主人公になれる絵本:クリエイト・ア・ブック「赤ちゃん誕生」

大切な人へ。記念にどうぞ(^^)
絵本探してみてね!

訪問アリガトウ
いつも遊びに来てくれてありがとう
足あと残して行ってくださいね
ブログの内容について
☆ミエナイカケラに記載された内容はサイト管理人(オアノアン)に帰属します。サイト管理人に無断で転用、複製等はせず一声かけていただけるとうれしいです。

☆ブログの内容は個人的な日々の日記を記載しています。毎日の生活でいろいろ感じたこと、絵本を読んで思ったことなど記していますが、一部引用していることもあります。

コメントついて
☆コメントは気軽に書いてね!
CMをクリックするとコメント欄になるよ

☆ワタシらしいブログにしたいので、他の方のブログサイト(おすすめや紹介など)のアドレス貼り付けはご遠慮ください。その場合は削除させてもらいますネ。

☆おすすめサイトを紹介したい場合は非公開コメントにしてくださいネ!

☆コメントの返信・ブログへの訪問はマイペースにさせてもらってマス

TB・リンクについて
☆トラックバックは絵本の内容のみ受付します。内容によっては削除する事もございますのでご了承ください。

☆リンクに追加される方は一声かけていただけるとうれしいです

☆相互リンクはしておりません

商品紹介について
☆アフィリエイトに登録しています。

☆紹介している商品はクリックするとリンク先に直接つながり、そのままお買い物もできるようになっています。

☆オアノアンコレクション・おすすめ絵本はすべて実際に持っている雑貨・絵本を載せています。同じものを持ってまた会話が広がればいいなー(^^)

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。